Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

収納する~収納の手順・方法①~

収納を始める前に

「収納」については色々な方法があります。
生活スタイルや性格、持っているモノ、家の造り…などを総合的に考え、個々に合った収納方法を
見つけることによって「散らからない、探さない、戻しやすい、みんなが分かりやすい」が実現できます。

収納に関しては、
・お金をかけたくない
・インスタ映えするような収納にしたい
・収納用品にこだわりたい
・おしゃれにしたい
など、それぞれの理想やイメージがあると思います。
一番初めにもお伝えしましたが、目的やイメージを明確にする、それはとても大切なことです。
オススメの収納グッズなどは別にお伝えするとして、ここでは収納方法の基礎的なことをお伝えします。

収納してみよう①

①まずは、各部屋やスペースで何をするか考えてみる。

今、ご自身や家族が使いづらい、使いたい場所にそのモノがない!といったことはありませんか?
実は今までの「置き場所」に問題があった可能性大なのです。
まずは、各部屋で何をするのか紙に書いてみます。

~例~(私、小田の場合)

リビングテレビ、DVDを観る。子どもが遊ぶ。
ダイニング食事をする、子どものプリントに目を通す、書類を書く、パソコンを使う、爪を切る、化粧をする、子どもが宿題をする。(ほとんどここで過ごすことが多いです。だからモノが多くなります。)
トイレ用を足す、掃除をする。
脱衣所服を脱ぐ、着る、洗濯をする、体重を計る、歯を磨く、顔を洗う、髪をセットする。

このような感じでどんどん書いていきます。なるべく細かく書くとベストです!

②行動によって何を使うかを考えてみる。

①で何をするか書いてみました。
次は、その時に使うモノを書いてみます。

例)洗面所
顔・手を洗うハンドソープ、タオル
髪をセットするドライヤー、ヘアケア商品
体重を計るヘルスメーター
洗濯をする洗剤、洗濯ネット、洗った洗濯を入れるカゴ
髪をセットするドライヤー、ヘアスプレー等
歯を磨く歯ブラシ、歯磨き粉
体を拭くタオル

こんな感じでそれぞれ書いていきます。

③収納スペースと照らし合わせて収納していく

例にあげた洗面所で考えてみると、今使っている収納用品の特徴を捉え、なるべく収納用品に入るように
収納していきます。

ここでポイント!

共有部分となる場所は、みんなで使うモノもあります。
たとえば、ドライヤー1つでもしまい方は人それぞれ。
コンセントを抜いてコンパクトに収納してくれるか(できるか)でも収納の仕方は変わってきます。
使う人と話し合うことが必要です。

収納してみよう②

≪収納のタイプを考える≫

『シェルフ(棚)』
特徴:横から見やすい(スーパーなどの陳列棚)

主に使われている場所
キッチン、シューズクローク・下駄箱、本棚、食器棚、洗面台収納、冷蔵庫、押し入れなど

メリット
稼動棚タイプでは、背の高いタイプのモノも収納できる。
扉がついていなければ、ワンアクションで取ることができる。

デメリット
使いやすい高さが限られる。奥のモノが出しづらい。
扉がないタイプ(飾り棚など)はホコリが溜まる。地震の時はモノが落ちてくる。

収納の際、気をつけるコト
・手の届かない場所はモノを入れない。(目に見えないと入れたことすら忘れてしまいます)
 例)キッチンの戸棚の一番上の部分など。

・軽いモノは上に、よく使う重いモノは腰高(ホットプレートなど…低い位置は腰を痛めます)、
 背の高い重いモノ(水やペットボトル、お酒)は下に収納する。
 使いやすい位置は目線から腰高の位置です。

≪収納例≫

A:コーヒーや紅茶類を収納している棚です。
 棚は奥に置いてしまうと、奥のモノが取り出しにくくなってしまうので、なるべく横一列に並べるようにしています。

B:Aと同じ棚の下の部分です。
 子どもが使っているトレーは立てて収納しています。使っているモノはダイソーで購入したディッシュスタンドです。
 その下にはコーヒー、紅茶、麦茶のストックが入っています。
 何が入っているかはラベルに書いてあります。

『箱』『引き出し』
特徴:上から見やすい

主に使われている場所
救急箱、キッチン、タンス・チェスト、洗面台、TVボード、冷蔵庫の野菜室や冷凍室など。

メリット
ほこりが入りにくい、外から見えない。

デメリット
外から何が入っているかわからない、ついついなんでも入れてしまいがちになる。

収納の際、気をつけるコト
・上から見たときに見やすくしておく。
・一つの引き出しなどにモノを数種類収納する際は、間仕切りやカゴ、空き箱などを使い、モノの部屋を独立させる。
・違う種類のモノはなるべく重ねない。
・使用頻度が高いモノは手前、低いモノは奥に収納する。

≪収納例≫

A:子どもの服の引き出し。1アイテム1収納。服の特徴が見てわかるようにすれば、広げなくても分かりやすい。
 ギュウギュウに詰めすぎないこと。
B:子どもの園グッズの引き出し。右からハンカチ、毎日使うお手拭き(2枚セット)、ナフキン・マスク、ティッシュ。
 100円ショップの仕切りケースでアイテムごとに収納。ティッシュは増えたり減ったりするので、牛乳パックを二つ組み合わせて
 増減収納可能になってます。

C:自宅キッチンの引き出し。奥行きがすごーくあるんです。滑り止めでコルクシートが敷いてあります。
D:ラップのみ収納しています。
E:文房具を入れています。種類が多いのですが、仕切りでアイテムごとに分けてラベリングをしています。